ブリアン キシリトール

ブリアン歯磨き粉はキシリトール配合タブレットと合わせて使ってもいいの?

ブリアン歯磨き粉は子供を持つ親御さんは気になっている方も多い子供歯磨き粉ですよね。

 

ピジョンのタブレットやしまじろうのタブレットなどのキシリトール配合の子供用タブレットと一緒に虫歯予防が可能なのかまとめました。

 

ブリアン歯磨き粉はキシリトールはOK

ブリアン歯磨き粉とキシリトールは一緒に使っても問題がないことを、問い合わせで確認済みです。

 

できることなら、虫歯予防にいいと言われている製品を組み合わせて、虫歯になりにくい状態は常に作りたい!と考えるのが親なのかもしれないですね。

 

では、どんな成分がブリアン歯磨き粉と相性が良くないのででしょうか。

 

次はブリアン歯磨き粉と合わせて使うのに注意が必要な成分などについてまとめました。

 

ブリアン歯磨き粉と併用できないのは?

ブリアン歯磨き粉は、生きた乳酸菌が配合された安全な子供用歯磨き粉です。

 

  • 殺菌剤
  • 発泡剤

 

このような成分と相性が悪いようです。

 

どうして?

ブリス菌がブリアン歯磨き粉の要。

 

市販の子供用歯磨き粉とブリアンが大きく違う点はここにあります。

 

  1. 生きた乳酸菌
  2. 食品素材の安全な歯磨き粉

 

ブリアン歯磨き粉に配合されている乳酸菌ブリスを長くお口にとどめることが、お口を整え虫歯になりにくくする近道。

 

なのでブリス菌が死滅してしまうような、殺菌剤・発泡剤が入っている市販の歯磨き粉とは相性が悪いと言えます。

 

使う順番とか注意点はあるの?

上でも書きましたが、ブリアン歯磨き粉に含有されていブリス菌はお口にできるだけ長くとどまることで虫歯予防効果も高まるそうです

 

ですからブリアン歯磨き粉とフッ素などを併用する場合は、フッ素⇒ブリアンと使い方の順番に気を付けましょう。

 

▼ブリアンとフッ素併用についてまとめたのはこちら

ブリアン歯磨き粉とフッ素について

 

さいごに

ブリアン歯磨き粉とキシリトールは一緒に使っても問題にはなりません。

 

しかしブリアンと使う際は、使い方の順番、成分をきちんと把握してから使うことでより高い虫歯予防効果が得られそうですね。

 

ブリアンの要である、ブリス菌は生きています。フリーズドライで休眠しており、お口の唾液に反応し目を覚まし活動するそうです。

 

生きた善玉菌のパフォーマンスを高めるためのオリゴ糖も入っているのはこのため。

 

合わせて使って、子供を虫歯から予防して大人になっても虫歯になりにくくしてあげたいですね!

 

 

▼ブリアンのレビューもしています。合わせてチェックしてみてください。
ブリアン歯磨き粉を使ってみた結果・・・

page top